ニュース

楽天・涌井が8回1失点の粘投も開幕3連勝はならず

無断転載禁止
楽天・涌井 (C)Kyodo News
2021.04.09 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 1 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

エースの役割を全う


 楽天の涌井秀章が9日、本拠地・楽天生命パークでのソフトバンク戦に先発登板。3連勝中のソフトバンク打線を相手に8回を1失点に抑える粘投を見せたが、開幕3連勝を飾ることはできなかった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 涌井は初回、先頭の周東佑京にヒットで出塁を許すも、後続をしっかり抑えて立ち上がると、毎回のように走者を許す展開でも粘りの投球を披露。しかし、味方打線が石川柊太相手に4回二死からの3連打で先取点を奪った直後の5回表、先頭・松田宣浩の投ゴロをグローブに当てながら捕球しきれず出塁を許すと、犠打で得点圏進まれ、周東の中安打で同点に追いつかれた。

 その後も、6回、7回と得点圏に走者を背負う展開となったが後続を断ち、100球を超えた中で8回もマウンドへ。すると、3番・柳田悠岐、4番・グラシアル、5番・栗原陵矢の中軸を三者凡退に抑える意地のピッチングで、開幕投手を託されたエースの役割を全う。8回116球1失点、被安打7、与四球1の粘投を披露した。

 味方打線も石川、嘉弥真新也、岩嵜翔、森唯斗と繋いできたソフトバンクの継投の前に決勝点を奪えず、3連勝同士で迎えた注目の一戦は1−1の引き分けに終わっている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西