ニュース

西武・愛斗がプロ1号&逆転弾!真中氏「西武はこういう選手が出てくる」

無断転載禁止
西武の愛斗 (C) Kyodo News
2021.04.09 17:45
千葉ロッテマリーンズ 4 終了 7 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン

ルーキー若林もリーグトップの6盗塁と躍動


 西武の若獅子・高卒6年目の愛斗がプロ初本塁打を含む2本塁打の活躍で4打点を挙げ、逆転勝ちを収めた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 まずは2回、ロッテの先発・二木康太から左翼スタンドにプロ初本塁打となるアーチを描くと、3点ビハインドで迎えた8回、ロッテの2番手・小野郁を攻め立て呉念庭の適時打で1点差に迫った展開で打席に入ると、追い込まれながらもストレートを右翼ホームランテラスに勝ち越し3ランとなる逆転弾を放り込み、チームに勝利を呼び込んだ。

 この活躍に、9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた真中満さんは「スイングも強いし、長打が魅力。西武はこういう選手が出てくる」と評価し、栗山、山川、外崎といった中軸がいない中でも「全然カバーできちゃっている」と、次々に一発のある若手が出てくる状況に感嘆した。

 また、この試合で「1番」に抜擢され、1安打2四球2盗塁、盗塁数はリーグトップの6個と躍動しているルーキーの若林楽人にも言及。真中さんは「新人の選手は足が早くても盗塁のスタートを躊躇してしまうことがあるが、その中でこれだけ走れている」と、新人らしからぬ度胸と判断力の高さに賛辞を送った。

 シーズン序盤から主力選手に離脱者が続出している状況だが、愛斗のプロ1号は、ブランドン、呉、渡部健人、若林楽人に続き、西武にとっては今季5選手目のプロ1号。主力不在の状況をチャンスに変える若獅子の活躍が、苦境に立つチームを支えている。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西