ニュース 2021.04.10. 08:00

江本氏、巨人打線に苦言「開幕から調子が悪いというのは…」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督(C)Kyodo News
 9日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した江本孟紀氏が巨人について言及した。

 巨人は開幕から打線が繋がらず、9日の試合前まで10試合連続で3得点以下と極度の貧打に悩まされていた。この日は広島投手陣の前にチャンスを作りながらも、あと1本が出ず完封負け。

 江本氏は巨人打線について「だいたいね開幕から調子が悪いというのはおかしい。もっとテンションあげていかないと。打線が悪すぎる」とバッサリ。

 「特に岡本の打撃が悪いのがひとつ響いている。体のキレが悪い。みんな振り遅れている。インコースに突かれると、バットが出てこない。これを直すのは本人と打撃コーチ、首脳陣が良いアドバイスをしないとね」と苦言を呈した。

 改めて巨人について江本氏は「開幕前に調子はいいなと思いましたが、調子はよくないです。特に打線が悪いので、ピッチャーが抑えていかないと。高橋のように良いピッチングしてくれないと、なかなか点が取れない打線です」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM