ニュース

ソフトバンクが“ブルペンデー”で完封リレー!「3人は全て先発でもできるようなピッチャー」

無断転載禁止
楽天戦に先発したソフトバンク・松本
2021.04.11 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

チームの4連勝に貢献


 ソフトバンクが引き分けを挟んで4連勝。エース・千賀滉大が負傷離脱した穴を、ホースクスが誇る強力ブルペン陣のリレーにより見事に埋めた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 千賀の長期離脱を受け、ソフトバンク首脳陣は「ブルペンデー」で楽天3連戦最後の試合に臨むことを決断。すると、自身2年ぶりの先発登板となった松本裕樹が3回を打者9人で終え、チームが1点を先制した直後の4回には一死満塁のピンチを背負うも、鈴木大地と小郷裕哉を内野ゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。

 その松本は4回でお役御免となり、5回を髙橋純平、6回と7回を田浦文丸が無失点で繋ぎ、8回はモイネロ、9回は森唯斗と、最後は「必勝リレー」でフィニッシュ。プロ4年目の左腕・田浦がプロ初勝利を飾り、首位・楽天とのゲーム差を「1」とした。

 この試合で「ブルペンデー」の一翼を担った田浦の好投を受け、11日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた岩本勉さんは「ソフトバンクの中継ぎ陣の新たなピースのような存在になった」とコメント。

 また、解説の笘篠賢治さんは「今日の前を投げた3人は全て先発でもできるようなピッチャー。先発をできるくらいの余力を持って中を投げられるというようなタイプに見える」と評し、「これからローテーションの編成の中で、先発で回っているピッチャーたちを今後、どういう風にどこに当てていくかという話になった時に、こういった戦い方でも勝利をモノにすることができる」と指摘。その盤石ぶりを強調した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西