ニュース

西武・外崎の手術が無事終了…3カ月以内の実戦復帰が目標

無断転載禁止
西武の外崎修汰

19年ドラ4右腕・粟津も右肘を手術


 西武は12日、外崎修汰選手(28)と粟津凱士投手(24)が4月上旬に手術を受け、無事に終了したことを発表した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 今月3日にPayPayドームで行われたソフトバンク戦の第1打席で左足首付近に四球を受けて途中交代となり、そのまま福岡市内の病院を受診し、左腓骨骨折と診断されていた。今月6日に都内の病院で「左腓骨骨折に対する固定術」を受け、今後は3カ月いないでの実戦復帰を目指していく。

 また、2019年のドラフト4位右腕の粟津が、今月5日に神奈川県内の病院で「右肘鏡視下骨棘切除術および内側側副靭帯再建術」を行ったことも発表。こちらは実戦復帰(全治)には1年以上を要する見込みとなっている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西