ニュース

ロッテの新助っ人エチェバリアが初実戦で3打数2安打「もっともっと良くなっていくと思う」

ファームで実戦デビュー


 ロッテの新外国人、アデイニー・エチェバリア選手が13日、ロッテ浦和で行われたイースタン・リーグのDeNA戦に「6番・ショート」で先発出場。久々の実戦で3打数2安打を記録した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回の守備で4−6−3のダブルプレーを完成させると、2回には先頭打者として来日初打席に臨み、DeNAの先発・ピープルズから二遊間を破るセンター前ヒットを放って出塁。続く加藤翔平の右中間二塁打で一塁から一気にホームを陥れた。

 4回表には背走しながら飛球を捕球し、やや足がもたつく場面もみられたがボールを処理すると、その裏の第2打席も無死走者なしからDeNAの3番手・宮國のボールを見極めて3ボール1ストライクと打者優位のカウントに持ち込み、甘く入ってきたボールをレフト前に運んだ。

 5回表にもショートゴロを難なく捌き、迎えた5回裏の第3打席は初球から打ちに行って大きな飛球を放つも、このボールはセンターのフェンス手前で捕球された。それでも来日後初となる久々の実戦で3打数2安打、中飛に終わった第3打席も内容は悪くなかった。

 エチェバリアは試合後、「久しぶりに実戦でピッチャーと対戦したけど、思っていたより感じよくスイングをすることが出来て自分でも驚いている。ゲームをこなしていく中で、もっともっと良くなっていくと思う。守備面ではフライとゴロを一つずつ無事にさばけて安心したよ」と笑顔を見せ、さらに状態を上げていくことを誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西