ニュース

西武・松本、5回までノーノ―も2勝目ならず…6四死球と制球乱し6回途中3失点

無断転載禁止
西武・松本航 (C)Kyodo News
2021.04.13 17:45
埼玉西武ライオンズ 2 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ

前回登板も5四球…開幕から制球に苦しむ右腕


 西武の松本航投手(24)が13日、本拠地・メットライフドームでの日本ハム戦に先発登板。制球に苦しみながらも5回までノーヒット投球を続けていたが、6回に無死満塁のピンチを作ったところで降板し今季2勝目はお預けとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、先頭の西川をいきなり歩かせるも、続く渡邉を三振併殺。スタートを切っていた西川を女房役の森がストライク送球で刺しピンチの芽を摘んだ。2回は一死から5番・淺間に四球を与えるも、続く大田を投ゴロ併殺斬り。1点リードで迎えた4回も連続四球で一死一、二塁としたが、4番・中田を二飛、続く淺間を三飛に退けピンチを脱した。5回は3者凡退で終え勝利投手の権利をケット。4四球で走者を背負う投球が続いたが、ノーヒットのまま5回を終えた。

 しかし6回、先頭の代打・髙濱に初安打となる中前打を許すと、続く1番・西川は2ストライクと追い込んだあと死球。続く渡邉も2球連続のバント失敗で追い込んだが、ここから4球連続ボールでこの試合5つ目の四球を与えてしまった。

 松本はまだ無失点だったが、辻監督は堪らず投手交代を選択。無死満塁でリリーフした佐野が3番・近藤に同点適時打を許すと、3番手・宮川も押し出し四球と犠飛を許し、1-3と逆転されてしまった。松本は5回0/3を投げ、1安打3失点、5奪三振6四死球の内容。4回2失点で今季初黒星を喫した前回6日の楽天戦(メットライフ)も5四球を与えており、降板後「最後、あのような形で降板してしまって悔しいですし、中継ぎの方にも申し訳ないと思っています。今日はズルズルいってしまったところが一番の反省点です」とコメントした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西