ニュース

巨人が投手戦制し先勝! サンチェス初勝利、廣岡1号V弾「良いところで打てた」

無断転載禁止
巨人の廣岡大志 (C) Kyodo News
2021.04.13 17:45
読売ジャイアンツ 2 終了 1 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 中日 ●
<4回戦・東京ドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 巨人が息詰まる投手戦を制し前カードから2連勝。サンチェスが8回途中までノーヒットワンランの快投を見せ、今季初勝利を手にした。

 サンチェスは1点先制した直後の2回に連続四死球で得点圏に走者を背負い、併殺崩れの間に同点とされたものの、3回以降は圧巻のゼロ行進。尻上がりに状態を上げ、大野雄大との投手戦を演じた。

 巨人打線は初回に無死一・三塁と大野雄を攻め立て、3番・梶谷隆幸の適時打で先制したものの後続が倒れ1点どまり。以降はなかなか追加点が奪えない重苦しい展開に持ち込まれたが、7回二死から7番・廣岡大志が右翼席へ今季1号ソロを放ち勝ち越した。

 サンチェスは直後の8回裏の先頭を抑え、左打者を迎えたところでノーヒットのまま降板。2番手・中川皓太が代打・井領雅貴にこの試合初安打を許しノーヒットリレーとはならなかったが、最後は守護神・デラロサが9回を三者凡退に抑え、“ワンヒットワンラン”リレーで試合を締めた。

 移籍後初ホームランが決勝弾となった廣岡は「芯だったのでなんとか伸びてくれと思いながら走っていました。良いところで打てたので自分にとってもチームにとっても本当に良かった」と、落ち着いた口ぶりで安堵のヒーローインタビュー。

 原辰徳監督は決勝弾の廣岡について「良いところで。彼らしさというかね。1打席目2打席目とは全く違うようなね。良いものが出た」と殊勲打を振り返りつつ、「近々未来、必ず主力選手になってくれると思っています。良い滑り出しのなかで、ジャイアンツのユニフォームを着て暴れてくれていると思います」とコメント。今後のさらなる成長にも期待を寄せた。

 巨人はこれで7勝6敗3分けの貯金「1」。開幕カード以来の勝ち越しへ向けて先手をとり、試合がなかった2位広島と「0.5」差に詰め寄った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西