ニュース

ヤクルトが村上の6号3ランで快勝! 先発スアレスは6回無失点で今季初白星

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆
2021.04.13 17:30
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
神宮

4番がチームをけん引


 ヤクルトの村上宗隆が13日、神宮で行われたDeNA戦の5回一死一、二塁の場面。「チャンスだったので何とか自分で決めたい」と、DeNAの先発・大貫からリーグトップとなる6号3ランを放ち、チームを勝利に導いた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 打った瞬間、確信した。右中間スタンド上段に突き刺さる一撃に、村上は「打ったのはチェンジアップ。打者有利なカウントだったので思い切って迷わず打ちにいきました。完璧でした」と、会心の一撃を振り返った。

 一方、先発したスアレスは6回を投げて2安打無失点。毎回の9奪三振で今季1勝目を挙げ、「今日はしっかり先発としての仕事ができたと思う。ストレートの走りが良かったし、変化球をいい所に決めて空振りを取れていた。後ろの守りにも救われ、攻撃陣の援護点がとても心強かった」とチームメイトに感謝した。

 4番としてチームを引っ張る村上は「チームのために何とかやってやろうという気持ちが強い」と話し、新型コロナの影響で自宅待機を余儀なくされていた青木や内川の復帰が近いことに関しても「心強いが、それに甘える訳ではない」と、主砲としての自覚十分に語った。


取材・文=別府勉
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西