ニュース

“鷹のAロッド”はキューバ出身の長身右腕!アンディ・ロドリゲスが入団会見

無断転載禁止
入団会見を行ったソフトバンクの育成右腕アンディ・ロドリゲス [写真提供=福岡ソフトバンクホークス]

目指すは「クローザー」


 ソフトバンクは14日、今季からチームに加わったアンディ・ロドリゲス投手(22)の入団会見を実施。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 キューバ出身、185センチ・88キロの長身右腕は「日本に来ることができて嬉しい」と喜びを語った。




 これまではキューバの国内リーグでプレーをし、2019年のプレミア12では若くしてキューバ代表にも選出された逸材。

 球団の三笠取締役GMも、「若手の有望株という評価ではありますが代表歴もあり、今年からの活躍という可能性も十分にある」と高評価。

 つづけて、「まずはホークスの土壌、それから日本の気候や食べ物などにも慣れてもらうこと。キューバの先輩もいますので、チームに馴染んでもらって、力を発揮してくれたら」と期待を寄せる。



 新型コロナウイルスの問題などもあって、シーズンが開幕してからの入団会見となったが、ロドリゲスは「日本に来て、こうしてユニフォームを着て入団会見ができて率直に嬉しい」と喜びの第一声。

 ホークスの印象については、「4年連続日本一になっている強いチーム」と語り、「日本の野球はすごくレベルが高い。日本で野球をしてみたいという気持ちがあった」と、新天地の印象もコメント。


 また、自身の投球スタイルは「ストレート、スライダー、チェンジアップのコンビネーションで打ち取っていく」と説明。目指す役割は、幼少期から慣れているという「クローザー」と明言。

 今年の目標には「自分のレベルを上げていくこと」を掲げ、将来的には「長い間、しっかりと活躍できる選手になりたい」と意気込みを語る。

 キューバの先輩が多数所属するチームで、それこそ同じ育成から這い上がって不動のセットアッパーとなったリバン・モイネロのようなプロ野球人生を歩んでいくことができるか。鷹の背番号140から目が離せない。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西