ニュース

阪神・佐藤輝、待望の甲子園初アーチ 広島先発・森下から右越え4号2ラン!

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明 (C)Kyodo News
2020.04.14 18:00
広島東洋カープ 試合前 阪神タイガース
マツダスタジアム

広島・森下は今季初の自責点


 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)が14日、広島戦の4回に甲子園初アーチとなる右越え4号2ランを放った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 佐藤輝は「6番・右翼」でスタメン出場。1-0と1点リードで迎えた4回、無死一塁で広島先発・森下と対峙し、2ストライク後の真ん中に入ったきたカーブを右翼席へ運んだ。ルーキーの一撃に虎党は歓喜。阪神はこの一発で3-0とリードを広げた。

 開幕2戦目だった3月27日のヤクルト戦(神宮)で、左腕の田口からプロ1号となる2ランをバックスクリーンへ。4月1日の広島戦(マツダ)では、右腕の中村祐から弾丸ライナーで右翼席へ飛び込む2号ソロを放ち、同9日のDeNA戦(横浜)では右腕の国吉から右翼場外に消える衝撃の3号ソロを放っていた。

 広島先発の森下は、6日のヤクルト戦(神宮)で完封勝利を挙げるなど開幕から2試合連続の無失点。阪神はこの試合、2回に8番・中野の右前適時打で先制したが敵失絡みだったため、森下にとっては佐藤輝に浴びた一発が今季初の自責点となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西