ニュース

阪神、新人の活躍で”天敵”森下攻略 中野先制打&佐藤輝4号2ラン、西勇2勝目

無断転載禁止
阪神・佐藤輝 (C)Kyodo News
2021.04.14 18:00
阪神タイガース 6 終了 0 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 6 - 0 広島 ●
<4回戦・甲子園>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神打線が広島先発・森下を攻略。早くも今季2度目の4連勝とし、貯金は今季最多の「8」となった。

 阪神は森下に対し、昨季から0勝4敗と苦戦。それでもこの日はルーキーコンビが突破口を開いた。まずは2回、二死から四球と敵失で一、二塁の好機を作り、「8番・遊撃」で3試合連続スタメンとなったドラフト6位の中野が先制となる適時打を右前へ運んだ。4回はドラフト1位の6番・佐藤輝が4号2ランを右翼席へ。甘く入ったカーブを捉え、待望の甲子園初アーチをマークした。5回には3番・マルテが5号2ランを左翼席へ。序盤から効率よく得点を重ね、昨季の新人王右腕を5回5失点でノックアウトした。

 7回は広島2番手・ケムナから、佐藤輝が中前適時打を放ち6点目。佐藤輝は4号2ランとダメ押し適時打で、プロ入り最多の1試合3打点をマークした。

 投げては先発の西勇が、8回123球、4安打無失点、7奪三振1四球の快投。今季初登板で黒星を付けられた森下との再戦を制し自身2連勝(1敗)とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西