ニュース

巨人・畠、完封目前で失点 野村弘樹氏「僕は悔しいし、ちょっと残念」

無断転載禁止
巨人・畠世周 (C) Kyodo News
2021.04.14 17:45
読売ジャイアンツ 5 終了 1 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 5 - 1 中日 ●
<5回戦・東京ドーム>


 巨人の先発・畠世周は完封勝利を逃したものの、9回途中1失点で今季初勝利を挙げた。

 畠は初回、先頭の大島洋平、一死後、福田永将にセンター前に運ばれ、一、二塁のピンチを招くも、A.マルティネスを空振り三振、高橋周平を左飛で無失点で切り抜ける。

 打線も3回に打者一巡の猛攻で5点の援護をもらうと、畠は2回から7回まで中日打線を無安打に抑える。畠は8回に2本の安打を打たれるも無失点。完封を目指して9回のマウンドにあがるも、先頭のA.マルティネスに一発を浴びる。続く高橋周平に左安を許し、一死後、石橋康太にレフト前に打たれたところで降板。この日の畠は、8回1/3を投げて、7安打、9奪三振、1失点だった。後を受けてマウンドにあがった守護神・デラロサが、後続を締めた。

 『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた野村弘樹氏は畠について「立ち上がり少し慎重になりましたよね。大島に初球コツンとヒットを打たれて、嫌な雰囲気になったなかで、3回の5点が大きな援護になりましたよね。4回以降はテンポもあがって、ドラゴンズ打線も早打ちでしたからね。ジャイアンツの援護、ドラゴンズ打線の淡白さもあって畠を助けたなと」と振り返った。

 「よく投げましたよ。大きな1勝になるでしょうし、ただ反省点もありますよ。今日は5点をもらって完封しなきゃ。ピッチャーって9回を投げ切って、ナインと握手するほど気持ちのいい事はないんです。その景色を味わって欲しかった。僕は悔しいし、ちょっと残念。次回に持ち越し、畠にそこは頑張って欲しいと思います」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM