ニュース

阪神の“ルーキーズ”が天敵・森下を攻略!高木豊氏も感嘆「思い切りがいい」

無断転載禁止
阪神・佐藤輝 (C)Kyodo News
2021.04.14 18:00
阪神タイガース 6 終了 0 広島東洋カープ
甲子園

ドラ6・中野が先制打!ドラ1・佐藤は2安打3打点


 首位を快走する阪神が新人2選手の活躍もあり、昨年から0勝4敗と苦手としている広島の先発・森下暢仁を攻略し、4連勝を飾った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神は2回、二死から前回の対戦で森下から3三振だったドラ1ルーキーの佐藤輝明が四球を選んで出塁すると、続く梅野隆太郎の遊ゴロを田中広輔が失策し、二死ながら一、二塁に。ここで打席に入った8番・中野拓夢がしぶとくライト前に運び、二塁走者の佐藤がホームに生還した。

 さらに4回には、四球で出塁したサンズを一塁に置いて打席に入った佐藤が森下のカーブをライトスタンドに運んで加点。佐藤は7回にも二死一、二塁で広島の2番手・ケムナ誠から適時打を放つなど、2安打3打点の活躍を見せた。

 14日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんは、天敵を攻略したルーキーの活躍に「いろいろ考えなくていいですから。向かっていくだけ。それを返り討ちにしないといけなかった森下はキツかったと思いますが、思い切りがいい」と新人らしい溌剌としたプレーを評価した。

 また、中野のライト前ヒットで佐藤が二塁から生還した先取点の場面を振り返り、「鈴木誠也の肩を考えると佐藤の脚力も相当速いなと感じました」とコメント。打力だけでないドラ1のポテンシャルに感嘆。その後の4号2ランについては「森下のカーブ、普通はあそこまで体は出ていかないんですけど、カーブは出ていっていいということを考えながらのホームランだった」と語れば、MCの真中満さんも「半速球は本当にうまく打ちますよね」と述べ、対応力の高さを称えた。

 恐れを知らない“ルーキーズ”の勢いを力に変え、天敵も攻略した今年の阪神がどこまで走るのか、虎党ならずとも注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西