ニュース

出てこい、起爆剤!苦しむ中日打線に高木豊氏が「オススメ」するのは…?

無断転載禁止
貧打解消の救世主は現れず…巨人に連敗の中日 (C) Kyodo News

ポイントは「6回・7回の攻め」


 ヤクルトとの2試合を1勝1分で勝ち越した中日だったが、移動を挟んで巨人には連敗…。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 2日続けての1得点と、この日も“貧打”に苦しんだ。




 「開幕戦以来本塁打なし」の呪縛こそ解けたものの、勝ち越したヤクルト戦も2点ずつと課題は解消されていない竜打線。

 前日はあわや「ノーヒットワンラン」という1安打・1得点の敗戦…。嫌な流れを断ち切るべく、この日は2番にベテランの福留孝介を置き、4番にアリエル・マルティネスを置く新打線で挑んだ。

 しかし、結果は7安打を放ったものの1得点。その1点も9回にマルティネスが放った一発によるもので、肝心な“つながり”は戻って来なかった。



 悩める竜打線について、14日放送の『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊氏は、「流れを掴むことができなかったですね…」と振り返る。

 試合のポイントに「中日打線がどういうバッティングを見せるか」を挙げていた高木氏。そんな中で目に留まったのが、「6回・7回の攻撃」だった。

 6回は福留孝介が1球で遊飛に倒れると、福田永将も3球で三ゴロ、A.マルティネスも3球で三ゴロとかんたんに三者凡退。7回も高橋周平の空振り三振にはじまり、阿部寿樹は1球で遊ゴロ、石橋康太も1球で左邪飛。上位からの打順だったが、巨人の先発・畠世周に2イニング続けて7球で料理されてしまった。

 高木氏は、「ピッチャーが一番苦しいと言われる6回・7回が、7球・7球で終わってしまったんですよね。畠も助かったでしょうし、なんと淡泊だと。もうあきらめてしまったのかと。そんな感じすら受けるような攻撃でした」と、先発投手も苦しくなってくる中盤から後半へ…というところで、しぶとい攻撃ができなかった点を挙げ、「もうちょっと粘りがあってもよかったかなと思います」と語った。


 また、大きく組み替えてきた“新打順”については、「一番近くで見ている与田剛監督、打撃コーチが考えること」としながら、「僕は開幕戦の打線に戻してガマンすることをオススメします」とコメント。

 主砲ダヤン・ビシエドを欠く苦しい状況のなか、いかにして打線の勢いを取り戻していくのか…。代わって昇格した福田や、この日一塁に入って本塁打を放ったアリエル・マルティネス、そして打撃がウリの若き捕手・石橋といったところから、チームの危機を救う救世主が現れてほしいところ。

 開幕からまだ1カ月経っていない状況とはいえ、上位争いに食らいついていくためにも“起爆剤”の台頭が待たれる。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西