ニュース

DeNAがセパ交流戦「戦国Tシャツ」発表 佐野主将「“一番槍”で手柄を」

無断転載禁止
「戦国Tシャツ」佐野恵太のイメージ[画像=球団提供]

6試合対象にTシャツ付チケット販売


 DeNAは15日、5月25日から6月6日の期間にて横浜スタジアムで行われる日本生命セ・パ交流戦の9試合を「交流戦SERIES 2021」として開催することを発表。5月25日からのオリックス3連戦、6月1日からのソフトバンク3連戦では『戦国Tシャツ付チケット』を発売する。

 2017年からテーマに合わせたデザインのTシャツが登場しているが、今年のテーマは「戦国」。大きな槍を持ち先陣を斬るキャプテン・佐野恵太選手など、戦国時代をイメージした個性と気迫溢れる選手たちのイラストが描かれたTシャツが完成した。

 エスコバー投手とともに弓矢隊として描かれた三嶋一輝投手は「戦国Tシャツのデザインは、それぞれの選手が戦いに臨むカッコよさが出ていてとても気に入っています!このデザインの通り、E.エスコバー選手と一緒に、相手打線を仕留めていきたいと思います。交流戦ではパ・リーグを倒し、戦乱の世を勝ち抜けるように頑張りたいと思います!」と球団を通じてコメント。

 佐野は「チームのキャプテンとして、敵陣に切り込み“一番槍”で手柄を立てたいと思います!シーズンにおいて今後の戦いを大きく左右する交流戦で、勝どきをあげることのできるよう交流戦 SERIES では戦国Tシャツやグッズを身に着けて一緒に戦いましょう!」とファンへ呼びかけた。

 戦国Tシャツ付チケットはファンクラブ会員の種別・ステージに応じて4月17日(土)12時00分より順次発売。4月20日(火)10時00分から一般発売される。詳細は球団公式HPまで。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西