ニュース

広島・菊池の連続安打記録ストップ チームは31イニング連続無得点で3連敗

無断転載禁止
広島・菊池涼介
2021.04.15 18:00
阪神タイガース 4 終了 0 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 4 - 0 広島 ●
<5回戦・甲子園>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 広島は打線が元気なく3試合連続完封負け。打撃好調だった菊池涼介も4打数0安打に終わり、開幕から続いていた連続試合安打は「16」で止まった。

 7試合連続で「1番・二塁」で出場した菊池は初回、相手先発・秋山拓巳の直球に空を斬り「空三振」に倒れると、3回、5回とチャンスで2打席連続「遊ゴロ」に打ち取られ凡退。4点ビハインドの8回は左腕・岩崎優の高めのボールを捉えたかに思われたが、打球が岩崎の脚に当たり「投ゴロ」と、ツキもなく4打席ノーヒットに終わった。

 シーズン開幕戦からの連続試合安打は1997年に阪神・和田豊氏が記録した「24」がプロ野球記録で、広島に限ると前田智徳氏が2004年にマークした「19」が最長記録。菊池は球団記録にあと3試合に迫っていたが、今季初のノーヒットに終わり記録更新とはならなかった。

 チームは10日・巨人戦の5回から31イニング連続無得点と打線が沈黙し今季ワーストの3連敗。一時は首位にも立った赤ヘル軍団に今季最初の試練が訪れている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西