ニュース

川相氏は巨人・岡本の現状の打撃をどう見てる?

2021.04.15 17:45
読売ジャイアンツ 5 終了 1 中日ドラゴンズ
東京ドーム
 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、巨人・岡本和真の打撃について言及した。

 川相氏は「僕が見た感じですけど、左の肩がテイクバックするときに、足と一緒に左肩が入っていって、背番号がすごく良く見える」と指摘。

 続けて川相氏は「もうちょっとテイクバックするときに、左肩を少し止めて我慢しながら、足で少し入れていってもいいんじゃないかなと思うんですね」とアドバイスを送った。

 さらに川相氏は「肩が入ってしまうと、どうしてもインサイドが視界が見えにくくなってしまう。見えにくくなると、早く肩が開かないと、ボールが見えない。そうなると外からバットが出やすいかなという風に思うんですけどね」と説明した。

 『4番・三塁』でスタメン出場した岡本は、第1打席が三ゴロ、第2打席が四球、第3打席が遊ゴロ、第4打席が右飛だった。

 川相氏は試合後にも岡本について「かなり状態が悪いですね。開幕から良くなかったですけど、今現在もよくない。これはちょっと早急になんとかしなければ、いけないんじゃないかなと思いますね」と心配した様子だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM