ニュース

レッドソックス・澤村、デビュー6戦目で初失点 チームの連勝は9でストップ

無断転載禁止
「ジャッキー・ロビンソン・デー」の開催に伴い、背番号「42」を付け登板したレッドソックス・澤村
○ ツインズ 4 - 3 レッドソックス ●
<現地時間4月15日 ターゲット・フィールド>

 レッドソックスの澤村拓一投手が15日(日本時間16日)、敵地でのツインズ戦に救援登板。2番手で登板した6回に特大ソロを浴びメジャー初失点を喫した。

 この日は、毎年恒例の「ジャッキー・ロビンソン・デー」。黒人初のメジャーリーガーとしてデビューしたロビンソンの功績を称え、澤村も他の選手と同じく背番号「42」を付け、0-2と2点ビハインドの6回に登板した。

 先頭で対峙したのは2019年に自己最多の34本塁打をマークしている主砲・サノ。カウント1-1からの95.3マイル(約153キロ)の真っ直ぐを捉えられると、打球は左翼2階席に着弾する特大ソロとなった。澤村にとってはこれがメジャー初失点。デビューからの連続無失点試合は「5」でストップした。

 続く7番・ケーブは二ゴロに打ち取り、8番・ジェファーズは95.9マイル(約154キロ)の真っ直ぐで見逃し三振。最後は9番・リドルをスプリットで遊ゴロに退け、1回18球、1安打1失点1奪三振の成績で降板。防御率は1.42となった。

 レッドソックスは3点を追う8回、2番・バードゥーゴの3点適時二塁打で3-3の同点に追いつくも、9回裏にサヨナラ負け。連勝は「9」で止まった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西