ニュース

筒香嘉智、代打で出場も見逃し三振 レイズは3連敗で地区最下位に転落

無断転載禁止
レイズ・筒香嘉智
● レイズ 4 - 6 レンジャーズ ○
<現地時間4月15日 トロピカーナ・フィールド>

 レイズの筒香嘉智外野手(29)が15日(日本時間16日)、本拠地でのレンジャーズ戦に代打で途中出場したが見逃し三振に倒れた。

 この日は、毎年恒例の「ジャッキー・ロビンソン・デー」。黒人初のメジャーリーガーとしてデビューしたロビンソンの功績を称え、筒香も他の選手と同じく背番号「42」を付け出場した。

 出番は2点を勝ち越された直後の延長10回。二死三塁と一発出れば同点の場面でレンジャーズの抑え右腕・ケネディーと対戦した。初球94.7マイル(約152キロ)、3球目の94マイル(約151キロ)にバットが空を切り1ボール2ストライク。外角ギリギリに来た4球目の95.2マイル(約153キロ)は見送ったが、これがストライクと判定され見逃し三振に倒れた。ケネディーには151キロ超えの真っ直ぐを4球続けられ、2試合連続で最後の打者に。この日は1打数無安打で打率は.154となった。

 レイズは1点を追う7回、相手投手の乱調に乗じ同点に追いつくも、延長10回に中継ぎ左腕のリードが2ラン被弾。本拠地でレンジャーズに3連敗を喫し、ア・リーグ東地区単独最下位に転落した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西