ニュース

広島・遠藤、今季初登板は4回途中3失点…打線の援護受けるも5回投げ切れず

無断転載禁止
広島・遠藤淳志
2021.04.16 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 7 広島東洋カープ
バンテリンドーム

3試合連続完封負けの打線が4点先取も…


 広島の遠藤淳志投手(22)が16日、敵地・バンテリンドームでの中日戦で今季初登板初先発。今季初勝利へ打線の援護を受けたが、4回途中3失点(自責点2)で降板し初白星はお預けとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 大瀬良の登録抹消により今季初先発の機会を得た右腕。菊池涼の先頭弾で1点の援護をもらい1回裏のマウンドに上がったが、先頭から連打を浴びるなど二死満塁のピンチを招き、自らの牽制悪送球で同点に追いつかれた。

 鈴木誠の4号3ランで再び3点を勝ち越したもらったが、4回は下位打線に連打を許しピンチ。8番・根尾、1番・大島を見逃し三振に仕留め二死まで漕ぎつけたが、満塁から2番・京田に中前への2点適時打を浴び降板となった。

 遠藤は4イニング中、先頭打者の出塁を3度許すなど毎回走者を背負い続ける投球。3回2/3で80球を要し、7安打3失点(自責点2)、6奪三振2四死球の内容で今季初勝利は次戦以降に持ち越しとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西