ニュース

真中氏“外国人の全力疾走”にソフトバンクの強さ

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武-ソフトバンク戦』で解説を務めた真中満氏が、ソフトバンクの強さについて言及した。

 真中氏は「僕思いますけど、ホークスの外国人選手は一塁までの全力疾走を全員ちゃんとやるじゃないですか、意外とできそうでできないこと。その辺でソフトバンクの強さを感じるところではありますね。みんな精一杯やりますよね」と評価した。

 同中継で実況を担当した清水久嗣アナウンサーが「バレンティンが帰ってきたときにそれをやるかですね?」と振ると、真中氏は「バレンティンは怪しいですけどね」と話していた。

 17年から4年連続で日本一を達成しているソフトバンクは選手層の厚さもそうだが、外国人選手の全力疾走も強さのひとつかもしれない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM