ニュース

阪神にアクシデント 正捕手・梅野が投球を右手親指付近に受け負傷交代

無断転載禁止
阪神・梅野隆太郎 (C) Kyodo News
2021.04.18 14:00
阪神タイガース 10 終了 7 東京ヤクルトスワローズ
甲子園

今季は開幕から全試合「7番・捕手」でスタメン出場


 阪神の梅野隆太郎捕手(29)が18日、ヤクルト戦(甲子園)の守備中に右手親指付近を痛め、試合から退いた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 梅野はこの日も「7番・捕手」でスタメン出場し、開幕3連勝中の先発・ガンケルを6回1失点と好リード。打っても3回、6点目となる中前適時打を放ち、チームは今季最多の7連勝へ6回まで8-1と大量リードを奪っていた。

 しかし7回、梅野は2番手・石井大とバッテリーを組み、無死一塁の場面でワンバウンドした変化球をブロック。このとき、投球が右手親指付近に当たった。梅野は治療のためベンチに下がり、そのまま坂本と交代。患部の状態が心配される。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西