ニュース

ロッテ・佐々木朗希が公式戦初失点 楽天の新助っ人・ディクソンに被弾

無断転載禁止
ロッテ・佐々木朗希
楽天 - ロッテ
<4月20日・森林どり泉>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ロッテの高卒2年目・佐々木朗希投手(19)が楽天とのファーム公式戦に登板。中10日で今季3度目の先発マウンドに上がったが、初回に楽天の新助っ人、ブランドン・ディクソンに一発を被弾した。

 2点の援護をもらいマウンドに上がった右腕は、この日も150キロ前後のストレートを中心に1番・和田恋を二ゴロ、2番・カスティーヨを三ゴロと二死を奪ったが、3番・ディクソンに対しカウント1ボールから真ん中高めに入った152キロを完璧に弾き返され、バックスクリーンへ飛び込むソロホームラン。ディクソンにとってはこれが来日2号、佐々木朗にとっては公式戦3試合・6イニング目にして初被弾・初失点となった。

 それでも、4-1とリードが広がった2回は、5番・内田靖人を151キロ、堀内謙伍を150キロ、岩見雅紀を152キロで三者連続三振。逆球での見三振もあったが、球威あるストレートでゼロを刻んだ。

 なお、ロッテはイースタン・リーグ13連勝中。リーグ記録の15連勝まで、あと「2」に迫っている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西