ニュース

ソフトバンクが単独首位に浮上 甲斐が3号3ラン含む5打点「最高の形」

無断転載禁止
ソフトバンク・甲斐(C)Kyodo News
2021.04.20 18:00
福岡ソフトバンクホークス 6 終了 4 東北楽天ゴールデンイーグルス
北九州
○ ソフトバンク 6 - 4 楽天 ●
<4回戦・北九州>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクが同率だった楽天を直接叩き単独首位に浮上。「8番・捕手」で先発出場した甲斐拓也捕手(28)が、3号3ラン含む3安打5打点を記録した。

 甲斐は1点を追う2回、二死二、三塁の好機で楽天先発・岸の内角真っ直ぐをフルスイング。捉えた打球は左翼場外に消える逆転の3号3ランとなり、「チャンスだったので何とかランナーをかえそうと打席に入りました。結果3ランホームランと最高の形になり良かった」振り返った。

 4-4の同点で迎えた6回の第3打席は、一死満塁で再び岸から左翼線突破の2点適時二塁打。「カウントが有利だったので思い切って打ちにいった結果、真っ直ぐをひと振りではじき返すことができました。ゲームの展開的にも効果的な一本を打つことができて良かった」と、相性の良い北九州市民球場で計5打点を叩き出した。

 先発の笠谷は5回途中4失点(自責点3)で降板したが、救援陣は津森、泉、嘉弥真、モイネロ、岩嵜、森と小刻みな継投で無失点リレー。4番手の嘉弥真に今季初白星が付き、森は5セーブ目(1勝)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西