ニュース

江本氏、巨人のバッテリーを苦言「ただ1球ずつ…」

無断転載禁止
巨人・サンチェス (C) Kyodo News
2021.04.20 17:45
読売ジャイアンツ 5 終了 10 阪神タイガース
東京ドーム
● 巨人 5 - 10 阪神 ○
<4回戦・東京ドーム>

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人の先発・サンチェス、捕手・大城卓三バッテリーに苦言を呈した。

 0-2の3回無死一塁からサンチェスが、阪神のマルテに2打席連続となる本塁打を浴びる。江本氏は「インコースに投げないと思いましたけど、インコースを要求してもただ要求しただけでしょう。その前のストライクがあったから、ダメですよ。インコースは危ないんですよ。危ないから外かなと思ったら、悪い呼吸というかね。最初に打ったホームランより打ちやすいホームランですよ」とバッサリ。

 サンチェス、大城バッテリーは続く4番・大山悠輔にもライトへ一発を食らった。ここで先発のサンチェスは降板となった。江本氏は「キャッチャーとの間に組み立てができていない。“このバッターならこう抑える”、“このバッターはこういう攻め方をする”ということがない。ただ1球ずつ配球しているだけ」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM