ニュース

DeNA・大貫が力投も10戦ぶり白星はお預け…三浦監督「少しずつ歯車は噛み合ってきている」

無断転載禁止
DeNA・大貫晋一
2021.04.20 17:45
横浜DeNAベイスターズ 0 終了 0 中日ドラゴンズ
横浜

投手陣が無失点リレーも打線が沈黙


 ハマスタで唯一勝ち越してる中日相手に連敗脱出を狙ったDeNAだったが、DeNA・大貫と中日・大野雄大の両先発が共に得点を許さず、スコアレスドローに終わった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 前回登板のヤクルト戦で5回5失点という内容で今季初黒星を喫した大貫晋一は「前回登板はとても悔しい登板になってしまったので、今回は『やってやるぞ』という強い気持ちを持って」マウンドに上ると、ストレート、カットボール、スライダー、スプリットに大きいカーブも織り交ぜ、走者を出しながらも打たせて取る自身のスタイルで中日打線をシャットアウトした。

 7回無死一、三塁のピンチは、阿部寿樹の良い当たりがショート正面を突くライナーになるなど、幸運にも恵まれて7回を零封。96球を投げて、被安打6、奪三振2、与四球1の内容に、本人も「先に点を取られないようにランナーを出塁させても粘ることができた。次回登板も今日のような投球を継続できるように調整していきたい」と振り返り、三浦大輔監督も「調子自体は良くはなかったがよく踏ん張り、要所でバックもよく守った」と評価した。


一方の打線は、前回5点を奪った大野雄大相手に4回、神里和毅のヒットと盗塁、オースティンのヒットで一、三塁の場面を作ったが、佐野恵太の痛烈な打球が一塁手・ビシエドのグラブに収まり無得点。その後は昨年の沢村賞左腕に8回まで淡々と抑えられてしまった。

 DeNAは、大貫の後を山﨑康晃、三嶋一輝と繋いで得点を許さず、試合は0−0のまま終了。10試合ぶりの白星とはならなかった。試合後、三浦監督は「両サイドキッチリ投げ分けられ、変化球も決められた」と、相手先発の大野雄大に脱帽。それでも「山﨑、三嶋としっかり自分のピッチングをして結果を出してやってくれている」とリリーフ陣を称え、「エスコバーも戻ってきて、選手も揃ってきて競争も激しくなり、より良くなってくると思う」と、前を向いた。

 また、「先発がゲームを作り、少しずつ歯車が噛み合ってきている。選手も揃ってきて、この戦い方を続けていければ」と手応えを口にした。ここにきてようやく役者が揃った三浦ベイスターズ。番長の目指す野球を形にしていけるのか、注目だ。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西