ニュース

巨人が逆転勝ちで猛虎ストップ! 岡本2打席連発、畠は変身2勝目

無断転載禁止
巨人・岡本和真選手
2021.04.21 17:45
読売ジャイアンツ 3 終了 2 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 3 - 2 阪神 ●
<5回戦・東京ドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 巨人が8連勝と勢いに乗っていた阪神を止めた。初回に2本塁打で先制されるも、粘りの試合運びで逆転。今季は先制したら15連勝と負け知らずの展開に持ち込んでいた虎に土をつけた。

 先発・畠世周は初回に近本光司に2号先頭打者ホームラン、3番・マルテに3試合連発となる6号ソロを浴びていきなり2点を失ってしまう。

 それでも打線は4番・岡本和真が奮起。2回先頭の第1打席に青柳晃洋が投じた内角低めの初球をすくい上げて左中間スタンドへ2号ソロを運ぶと、4回にも全く同じコースの141キロを左中間席へ。今季初の2打席連発で試合を振り出しに戻した。

 畠は初回の失点後も捉えられる場面が続いたが、3回無死三塁のピンチでクリーンナップを迎えると、マルテと大山悠輔に対し果敢に内角を攻めて2者連続の三ゴロ。5番・サンズは真ん中低めの150キロで空三振に仕留め、ピンチを切り抜けた。

 この投球がターニングポイントになったのか、4回からは常時セットポジションのフォームに切り替え、いきなり三者連続三振と別人の投球に。猛虎打線の勢いを真っ向勝負で受け止め、6回2失点と踏ん張った。

 すると6回裏、先頭の岡本がボテボテの内野安打で出塁したことをキッカケに一死一三塁の好機到来。7番・大城卓三の投ゴロで突っ込んだ三走・岡本は青柳の好守に阻まれ間一髪アウトとなったが、続く吉川尚輝が詰まりながらも左前へ弾き返し二走・重信が勝ち越しのホームイン。これが決勝点となった。

 巨人は7回を鍵谷陽平と高梨雄平、クリーンナップを迎えた8回に中川皓太を起用し、最後は代役守護神のビエイラが最速160キロの剛速球で締め来日初セーブ。ブルペン陣は無失点リレーで最少得点差を守りきった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西