ニュース

ツインズ・前田健太、3回7失点で勝ち負けつかず…3発含む8安打を浴びる

無断転載禁止
ツインズの前田健太
○ アスレチックス 13 - 12 ツインズ ●
<現地時間4月21日 オークランド・コロシアム>

 ツインズの前田健太投手(33)は現地時間21日(日本時間22日)、敵地で行われたアスレチックス戦に先発登板。3回7失点と試合を作ることができなかった。




 1点をもらった直後の初回は3人で片づける好スタートも、2回に先頭の4番マット・オルソンにソロを被弾。

 さらに一死を挟んで死球、二死から安打を許して一・三塁のピンチを招くと、9番のエルビス・アンドルスにセンターへの適時打を浴びるなどこの回3失点。試合をひっくり返されてしまう。

 味方が4-3と逆転してくれた3回裏も、先頭の二塁打からオルソンに2打席連発となる2ランを浴びて再度逆転を許してしまい、さらに二死から安打で走者を出すと、セス・ブラウンに一発を被弾。3回は2ランを2発浴びて4失点。序盤で打ち込まれ、この回限りでマウンドを降りた。



 それでもチームは5回に2点を挙げて追いつき、前田の負けは消滅。6回にも3点を奪うなど、試合は10-9とツインズがリードして9回へ。

 しかし、アスレチックスも土壇場で1点を返して追いつくと、タイブレーク制の延長10回はツインズが起死回生の一発で2点を挙げたものの、その裏に二死から守備が乱れてまさかの3失点。12-13で逆転サヨナラ負けを喫している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西