ニュース

粘りのヤクルトがカード勝ち越し! 山崎と元山の1・2番コンビで計5打点

無断転載禁止
ヤクルト・山崎
2021.04.22 18:00
広島東洋カープ 4 終了 7 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 4 - 7 ヤクルト ○
<6回戦・マツダスタジアム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトが終盤の粘り勝ちでカード勝ち越し。相手を下回る8安打ながら7得点と多彩な攻撃パターンで得点を重ね、今季10勝目を手にした。

 ヤクルトは2回に6番・塩見泰隆の3号ソロ、3回に2番・元山飛優の2号2ランで優勢な立ち上がり。先発の金久保優斗が5回途中7安打3失点とリードを守りきれずに降板したが、6回には相手の適時失策で勝ち越し、リードを奪って終盤に持ち込んだ。

 しかし今季無失点のマクガフを投入した7回、先頭の2番・羽月隆太郎に中前打を許すと、続く西川龍馬の打球を二塁・山田哲人がファンブル。その後二死までこぎつけたものの、適時失策を犯していた安部友裕に中前同点打を許し、この試合3度目のタイゲームに持ち込まれた。

 それでも直後の8回、一死から8番・古賀優大と途中出場の川端慎吾の連打で一二塁の好機を迎えると、1番・山崎晃大朗が塹江敦哉が投じた外角の148キロを逆らわずに左中間へ弾き返し、勝ち越しの2点適時三塁打。続く元山も初球にスクイズを成功させ突き放した。

 「2番・遊撃」で起用されたドラ4ルーキー・元山は4打数1安打ながら2号2ラン含む3打点と勝利に貢献。山崎晃大朗との1・2番コンビで計5打点と存在感を示した。

 投手陣は5回途中から梅野雄吾、今野龍太が無失点でつなぎ、3連投の4番手・マクガフが今季1勝目(0敗7ホールド)。8回は連投中の清水昇ではなく近藤弘樹が三者凡退に抑え、石山泰稚がリーグ単独トップの7セーブ目(0勝0敗0H)で締めた。

 広島はこの日昇格即スタメン起用された小園海斗が3打数1安打2打点1犠打と下位打線で結果を残したが、相手を上回る11安打を放ちながら4得点で敗戦。終盤は繋ぐヤクルト打線に翻弄されて突き放され、引き分け挟んで2連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西