ニュース 2021.04.23. 11:00

巨人・桑田コーチはマウンドへ行ったときにどんな会話をする?

 22日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』で巨人の桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐のインタビューの模様が放送され、試合中にマウンドへ行ったときの会話について語った。

 桑田投手コーチは「マウンドにいると僕も経験があるんですけど、状況が見えなくなってくるんですよね」とコメント。「ですから投手には『アウトには、こういうアウトの取り方があるよ』とか、『ベースがひとつ空いているから大きくストライクゾーンを使って投げて行こうよ』とか」声をかけているそうだ。

 続けて桑田氏は「また交代のピッチャーが来るわずかな時間がありますよね。その時には野手にもここは点差があるので、1つずつアウトをとっていこう。ここはあとがないので、思い切ってダブルプレーをとっていこうとか、状況を確認しながら次の投手が来るのを待っている。そんな感じですね」と明かしていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM