ニュース

西武の連敗は6でストップ プロ初勝利の上間「自分のピッチングに集中」

無断転載禁止
西武・上間永遠
2021.04.27 17:45
埼玉西武ライオンズ 3 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
メットライフ
○ 西武 3 - 1 ロッテ ●
<4回戦・メットライフ>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 西武は2つの引き分けを挟み続いていた連敗を「6」でストップ。5回5安打1失点と力投した先発・上間がうれしいプロ初勝利を挙げた。

 西武は1点を追う4回、先頭の1番・源田、続くスパンジェンバーグの連打で無死一、二塁の好機を作ると、3番・森の左飛で二走・源田が三塁へタッチアップ。この間に一走・スパンジェンバーグも二塁を陥れた。一死二、三塁と好機を広げ、4番・中村が逆転となる2点適時打を左前へ。勝負強さを見せたベテランは「ゲン(源田)、スパンジー(スパンジェンバーグ)、ナイスラン!」と1・2番の好走塁を称えた。

 5回は下位打線で好機を作り、源田の二ゴロの間に3点目。ロッテ先発・石川に計5安打に封じられたが、その5安打を4回と5回に集中させた。

 上間は立ち上がりから走者を背負う投球が続いたが、バッテリーを組む森の盗塁阻止もあり2回まで無失点。3回は先制点を許しなおも一死一、三塁のピンチだったが、3番・中村奨を投ゴロ併殺に仕留め大ピンチを最少失点で切り抜けた。

 2年目右腕は5回80球、5安打1失点、3奪三振無四球の好投で待望のプロ初勝利。降板後「とにかく自分のピッチングに集中して、ゼロに抑えようと思ってマウンドに上がりました。調子自体は良くも悪くもなかったですが、自分のボールは投げられたと思います」と振り返った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西