ニュース

西武対ロッテで1イニングに2度の併殺

無断転載禁止
西武・今井 (C)Kyodo News
2021.04.28 17:45
埼玉西武ライオンズ 3 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
メットライフ

失策が絡んで珍記録誕生


メットライフドームで行われた西武とロッテの一戦で、ロッテが1イニングに2度の「併殺打」を記録した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 1回表に先頭のロッテの荻野貴司が四球で出塁。続くレオネス・マーティンの一ゴロで併殺を狙ったが、一塁のカバーに入った今井達也がボールを捕球できず、失策によりマーティンが残塁。

 2つ目のアウトは取れていないのだが、失策による併殺崩れの場合、打者には「併殺打」の記録がつく。


 その後、3番・中村奨吾の適時二塁打でロッテが先制した後、4番・安田尚憲が四球を選んで一死一・二塁に。

 この場面で5番・角中勝也が投ゴロ併殺となり、ロッテの攻撃は終了。

 記録上はマーティンの「一併打」と角中の「投併打」となり、1イニングに2度の「併殺打」という珍事になった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西