ニュース 2021.04.29. 06:44

中日・勝野の“変身ぶり”に解説陣も称賛の嵐「2ケタ十分勝てる」「エースクラスになれる」

無断転載禁止
3勝目を挙げた中日・勝野昌慶 (C) Kyodo News

「柳にも負けませんよ!」


 中日がホームで首位・阪神に連勝。


 前日に続いて、この日も投手陣が奮起。好調・猛虎打線を2試合続けて「1点」に封じ込めた。




 この日の先発はプロ3年目の勝野昌慶。

 今季はオープン戦から7試合中6試合で3失点以上を喫するなど、苦しい投球が続いていた中で、前回登板のDeNA戦で“変わり身”を披露。

 7回1失点で今季の2勝目を挙げ、良いイメージを持ってこの日のマウンドに向かった。



 好調打線を相手に低めへのていねいな投球を心掛け、3回にはアウトすべてを三振で奪うなど、4回まで毎回の7奪三振で無失点。

 見事な投球を見せると、5回・6回も3人斬りですいすいと進み、2-0と2点リードの7回も続投する。


 ところが、二死から梅野隆太郎に安打を許すと、代打の陽川尚将にも安打を打たれ、たちまち一・二塁のピンチに。

 代打・糸井嘉男が告げられたところ、中日ベンチはスパッと継投を決断。左の福敬登がこの期待に応え、糸井を遊ゴロに斬ってピンチを切り抜けた。


 福は3球しか投げていなかったが、8回からは祖父江大輔が登板。しかし、近本光司と糸原健斗の1・2番コンビに連打を浴びて無死一・三塁となると、ジェフリー・マルテの犠飛で失点。2-1と1点差に迫られてしまう。

 さらに大山悠輔にも安打を浴び、これで一死一・三塁。一打同点、長打が出れば逆転もという場面でジェリー・サンズを迎えるところで、中日ベンチが再び動いた。

 絶体絶命の状況で4番手に指名された又吉克樹は、1ボールからの2球目を思い切りインコースに投げ込み、これがショートへのゴロ。京田陽太もうまくさばき、狙い通りのゲッツーでピンチ脱出。執念の継投でリードを死守した。


 すると打線が8回に4点を挙げ、6-1となった9回はライデル・マルティネスが登場。セーブシチュエーションではなかったが、危なげない3人斬りで試合終了。

 先発・勝野の好投、さらに攻めの継投が光った中日が2連勝。はやくもカード勝ち越しを決めた。


 28日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の片岡篤史氏は、「勝野投手が良い投球をしていた中、継投がポイントになりましたね」と振り返り、7回の勝野→福、8回の祖父江→又吉の継投策が勝利を呼び込んだと解説。

 また、先発して好投した勝野については、「ツーシームが低めにことごとく決まっていましたよね。腕もよく振れていましたし、前回登板の内容が非常に良かったので、ピッチングのコツと言うか、何か掴んだような投球をしていましたね」と、2試合続けての好投を分析した。


 同番組に出演した解説者の平松政次氏も、「2ケタ十分勝てるよね」と勝野の投球を絶賛。

 「昨年も立ち上がりは良かったので、後半はどうしたのかな…というくらいでしたけど。このまま行けばエースクラスの投手になれる。柳にも負けませんよ!」とつづけ、そのポテンシャルの高さに太鼓判を押した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西