ニュース

ついに勝った!日本ハムのドラ1・伊藤大海、5戦目の初勝利に平松氏「スカウトもお見事」

無断転載禁止
待望のプロ初勝利を挙げた日本ハム・伊藤大海 (C) Kyodo News

「投げっぷりが良い」解説陣絶賛


 日本ハムのドラフト1位ルーキー・伊藤大海投手(23)が嬉しいプロ初勝利。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 開幕から好投を続けながら、通算5試合目でようやく白星を手にした。




 デビューから4試合連続でクオリティ・スタートを達成。にも関わらず、この試合前まで0勝2敗と勝ちに見放されていた“道産子ルーキー”。

 この日は強力・ソフトバンク打線を相手に慎重になったか、初回から5回まで毎回四球を与えてしまうなど、常に走者を背負う苦しい展開になる。

 しかし、それでも要所を締められるのが伊藤の強み。初回は二死一・二塁をしのぎ、5回も二死一・二塁を無失点。6回も先頭に二塁打を浴び、外野フライの間に三進を許したが、勝負強い中村晃と打率3割超えと好調の甲斐拓也を打ち取り、6つのゼロを並べて仕事を果たした。



 きょうこそルーキーに白星をつけるべく、打線もベテラン左腕の和田毅を相手に奮起。

 2回に大田泰示の適時打で先制点をプレゼントすると、5回は売り出し中の郡拓也が貴重な追加点となる適時打。6回には4番に座る近藤健介が今季5号の2ランを叩き込み、4-0とリードを拡大する。


 終盤は継投で逃げ切りを図るも、7回は玉井大翔が1点を失うと、4-1で迎えた9回裏はクローザーの杉浦稔大が一死から今宮健太に一発を浴び、さらに二死から柳田悠岐にも被弾。あっという間に1点差とされてしまう。

 ベンチで見守る伊藤もドキドキが止まらなかったであろうところだが、最後はジュリスベル・グラシアルを投ゴロに打ち取ってリードは死守。4-3で逃げ切り、日本ハムが引き分けを挟んで3連勝。伊藤大海に待望のプロ初白星がついた。


 今季も試合開催日は毎日放送されているCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』にて、水曜日のMCを担当する解説者の真中満氏は、「いつも水曜日の登板だったので気にしていたんですよ。なかなか勝てないなぁ…と。きょう勝てたので良かったですね」と、思わず安堵のコメント。

 同番組に出演した解説者の片岡篤史氏も、伊藤の投球について「投げっぷりが良いですよね。スライダーもカウントを取るスライダーと三振を取るスライダーを明らかに投げ分けていて、ルーキーらしからぬ制球力を感じる。やっと勝てて良かったですよね」と、新人離れした投球術を絶賛。

 また、“カミソリシュート”でお馴染み、通算201勝の大投手・平松政次氏も「ボールは速いし、変化球も良いものを持っている。そして何よりコントロールが良い」と勝負所でミスをしない部分を好投の要因に挙げ、「よくこの投手をドラフトで1本釣りしましたよね。スカウトもお見事だね」と、大学生の投手では楽天に入団した早川隆久が大きな注目を集めていた中、この伊藤大海を単独指名したスカウト陣も讃えた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西