ニュース

阪神・梅野がピンチで見せた強気のリード!「なかなか要求できない」

無断転載禁止
6回1失点の好投で日本球界10年ぶりの勝利を挙げた阪神・チェン
2021.04.29 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 6 阪神タイガース
バンテリンドーム

無死満塁の窮地を脱した4球連続フォーク


 阪神が梅野隆太郎の攻守に渡る活躍で連敗を止め、再び貯金を「10」とした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 この日は移籍後初登板となるチェン・ウェインとバッテリーを組むと、初回、2回と走者を得点圏に背負いながらも粘りの投球でピンチを切り抜ける。

 その後、3回までに4番・大山悠輔の活躍などもあり4点のリードを奪うと、3回から5回までは3人ずつで抑え、6回1失点という内容に導いた。

 さらに、続く7回裏には2番手の小林慶祐が味方の失策とヒットで無視一、二塁のピンチを背負うと、代打で登場した福留孝介にはストレートの四球を与えて無視満塁の大ピンチ。しかし、続く木下拓哉を4球連続のフォークで遊ゴロ併殺に仕留め、最後は根尾昂から三振を奪って最小失点で切り抜けた。

 打っては2点差で迎えた9回表に適時三塁打を放ってリードを広げ、辛くも逃げ切った。

 29日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で梅野のリードに言及した解説の大矢明彦さんは「チェンをどうやってリードしたらいいのか、あまり掴めていなかったと思う。それで1回、2回はストレート主体でいっていたが、いい当たりで弾かれていたので、少しずつ変化球を交えながらという形に変え、それでチェンのストライクも先行してきて、うまみのあるピッチンを引き出して尻上がりに調子を出させた」と指摘。試合の中で投手の状態を見極めて良さを引き出したリードを称えた。

 さらに、7回無死満塁の場面で木下を併殺に仕留めた場面についても言及。「バッターからすれば四球の後で大チャンスだし、初球から狙おうと思う。おそらく真っ直ぐが頭の中に入っていたと思うんだけど、4球続けてフォークを投げさせた」と述べ、四球も後逸も許されない中で見せた強気のリードに感嘆し、「この辺の強かさが出てきた。なかなか4球続けてフォークは要求できない」と、その成長ぶりに舌を巻いた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西