ニュース

ソフトバンク、初回に3点先取も逆転負け…二保7回途中5失点で今季初黒星

無断転載禁止
ソフトバンク・二保旭 (C)Kyodo News
2021.05.03 18:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 7 東北楽天ゴールデンイーグルス
PayPayドーム
● ソフトバンク 4 - 7 楽天 ○
<6回戦・PayPayドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクは逆転負けで2連敗。首位・楽天とのゲーム差は「2」に開いた。

 ソフトバンクは初回、4番・栗原、5番・中村晃の連続適時二塁打などで幸先良く3点を先制するも、今季初登板の先発・二保が中盤以降に崩れ、右腕は7回途中6安打5失点(自責点4)で降板。2番手・嘉弥真も4番・島内に痛恨の2点適時二塁打を浴び、投手陣が中盤以降に失点を重ねた。

 打線は2回以降、立ち直った楽天先発・瀧中の前に5回までノーヒット。8回に栗原が4号ソロを放ち、9回は一発出れば同点の好機を作ったが、最後は3番・グラシアルが右飛に倒れ、二保に今季初黒星が記された。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西