ニュース

日本ハム、新たに3名がコロナ陽性判定 石川と渡邉が濃厚接触者に

無断転載禁止
札幌ドーム

これで陽性者は計13人…


 日本ハムは4日、同日実施のPCR検査の結果、荒木大輔投手コーチと高橋信二打撃コーチ、スタッフ1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 また、渡邉諒選手と石川亮選手、スタッフ3名の計5名が新たに濃厚接触者と判定。両選手には『特例2021』が適用され、同日付で登録を抹消された。

 日本ハムは4月30日(金)に中島卓也、西川遥輝、清水優心の選手3名が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、5月1日(土)にはロニー・ロドリゲス、高濱祐仁、今川優馬、郡拓也の4選手と飯山裕志内野守備コーチ、さらにチームスタッフ2名の新型コロナウイルス陽性が判明。

 多数の陽性者が発生したことから、2日の西武戦と3日から予定されていたロッテとの3連戦が「延期」となっていた。

 現在は保健所からの提案もあってチーム活動を中断しているが、一度起こった感染拡大の波は止まらず。陽性判定を受けたチーム関係者は合計13人となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西