ニュース 2021.05.05. 16:06

西武が4位再浮上! 今井が8回途中2失点でオリ山本との同学年対決制す

無断転載禁止
西武・今井 (C)Kyodo News
2021.05.05 13:00
埼玉西武ライオンズ 6 終了 2 オリックス・バファローズ
メットライフ
○ 西武 6 - 2 オリックス ●
<9回戦・メットライフ>

 西武が1敗1分けで迎えていたオリックスとのカード3戦目を制し4位に再浮上。打線に援護を受けた先発の今井達也が8回途中2失点の好投で、山本由伸との同学年対決を制した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 西武は頼れるベテランコンビのバットが火を吹いた。初回、先頭の若林楽人の右中間二塁打などで一三塁のチャンスを迎えると、5番・栗山巧が山本の153キロを中前へ先制打。3回には4番・中村剛也の右前適時打で加点し、5回は2番・源田壮亮が意表を突くバントヒットに盗塁と悪送球が重なり一死三塁とチャスメーク。4番・中村が2打席連続となるタイムリーで援護した。

 投げては今井が立ち上がりから150キロ超のストレートとカットボール、チェンジアップのコンビネーションが冴え、5回まで散発3安打無四球とゲームメイク。3点リードとなった直後の6回、二死一塁から吉田正にこの試合初めてとなる四球を出してピンチを招き、4番・杉本に中前適時打を許して初失点を喫したが、後続を断ち最少失点で切り抜けた。

 7回は三者凡退とテンポよくアウトを積み重ねると、直後の裏の攻撃で源田がチーム10安打目となる適時三塁打で山本をKO。女房役の3番・森友哉が2番手・K-鈴木からライトスタンドへ4号2ランを放り込み突き放した。

 今井は100球を超えた8回も続投したものの、3四球で満塁のピンチを招きワイルドピッチで2失点目。最後は制球が乱れてイニング途中での降板となったが、後を受けた平良海馬が続くピンチをゼロで切り抜ける好救援。今井は7回2/3(124球)を投げ6安打2失点、4四球5三振の内容で今季2勝目(2敗)。イニングをまたいで1回1/3を完璧に抑えた平良が今季初セーブを手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西