ニュース 2021.05.06. 14:25

レイズ筒香に23打席ぶりの快音!対大谷は「左飛」と「四球」

無断転載禁止
エンゼルス戦で二塁打を放ったレイズ筒香
● エンゼルス 1 - 3 レイズ ○
<現地時間5月5日 エンゼル・スタジアム>

 レイズの筒香嘉智選手は5日(日本時間6日)、敵地でのエンゼルス戦に「7番・一塁手」で3試合ぶりの先発出場。エンゼルス大谷との日本人対決は1打数無安打1四球という結果に終わったが、8回の第4打席に23打席ぶりの安打となる右翼線二塁打を放った。チームは3―1で逆転勝利を収め、4連勝を飾っている。

 筒香は2回、一死走者なしという状況で迎えた第1打席で、大谷と対戦。アウトローに投じられた初球に手を出し、左飛に打ち取られた。4回二死走者なしで迎えた第2打席はストレートの四球。その後、1点ビハインドで迎えた6回に一死満塁という大チャンスで第3打席を迎えたが、エンゼルスの2番手・ロドリゲスの前に遊ゴロ併殺に倒れた。

 それでもチームは7回に3ランで逆転し、迎えた8回一死、筒香が右腕スレイガーズから右翼線二塁打を放ち、4月29日のアスレチックス戦以来となる23打席ぶりの安打を記録。その後、代走を送られてベンチに退いた。チームは4連勝を飾り、貯金を「2」としている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西