ニュース 2021.05.12. 21:59

ソフトバンク対ロッテは8-8の引き分け 両軍とも逃げ切れず点を取り合う

無断転載禁止
ソフトバンク・甲斐(C)Kyodo News
2021.05.12 18:00
福岡ソフトバンクホークス 8 終了 8 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
ソフトバンク 8 - 8 ロッテ
<8回戦・PayPayドーム>

 両チームとも点を取り合い、今季の規定により9回引き分け。2位・ロッテと3位・ソフトバンクのゲーム差は変わらず、0.5のままとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクは先発の和田が5回途中6失点でノックアウトされるも、3点を追う7回に3番・栗原の左犠飛、4番・柳田の中越え適時二塁打、5番・中村晃の左前適時打で同点。さらに、6番・甲斐が4号2ランを左中間席へ運び8-6と一気に逆転した。

 しかし2点リードの9回、5番手のモイネロが三塁・牧原大の失策と四球などで一死二、三塁のピンチを招き、適時打と犠飛で8-8の同点に追いつかれた。

 ロッテは3点を追う5回、6番・レアードの6号3ランで追いつき、1番・荻野、2番・マーティン、3番・中村奨の3連続適時打で一挙6点のビッグイニング。しかし3点リードの7回、3番手のハーマンが一挙5点を失い試合をひっくり返された。

 それでも2点を追う最終9回、代打・エチェバリアの来日初打点となる左前適時打で1点差に迫ると、荻野の中犠飛で三塁走者の岡が同点の生還。9回裏は守護神の益田が無失点で締め、敵地での2連戦を1勝1分けで勝ち越した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西