ニュース 2021.05.13. 06:44

「調子は悪かった」…谷繁氏は広島・森下暢仁の“苦しみながらの好投”を絶賛

無断転載禁止
7回無失点と力投した広島・森下 (C) Kyodo News

「もうひとつの違うピッチングができていた」


 12日に神宮球場で行われたヤクルト-広島の一戦は、互いに決め手を欠いて0-0の引き分け。

 ヤクルトの先発・田口麗斗、広島の先発・森下暢仁がともに7回無失点という好投を見せ、白熱した投手戦となった。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 結果だけ見れば同じ「7回無失点」も、森下は終始苦しい投球を強いられていた。

 7イニングスを投げて球数は今季最多の127球。「6四死球」というのは昨年7月31日の巨人戦(5四球+1死球)でも記録していたが、「6四球」はプロ入り後ワースト。

 そんな中でもスコアボードにゼロを並べ、7回一死一・二塁のピンチも山崎晃大朗を右飛に斬り、二死二・三塁となっても中村悠平を二飛に仕留めて7回無失点でマウンドを降りている。



 この日の森下の姿から「凄さ」を感じたと語ったのが、12日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の谷繁元信だ。

 「今日はアンパイアとの相性があまり良くなかったのか、際どいところがことごとくボールと言われていた」と振り返りつつ、「もう少し甘く入れないといけないな、というところからシュート回転して甘いところに行き始めて、それでは危ないな、ということで今度は力み始めた。こういうところも考えながら、もうひとつの違うピッチングができていた。森下の凄さを見させてもらいましたね」と、苦しい状況の中でも自分のできる範囲を模索しながら、試合を作った昨季の新人王を讃える。

 つづけて、この日の調子についても「悪かったと思います。チェンジアップはほとんど投げず、ストレート・スライダー・縦のカーブ、この3つが主になっていた。チェンジアップいつ投げるのかな、という感じでほとんど使わなかった」と語り、100%の状態ではない中でもしっかりと試合を作っていくことができる“強み”を強調した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西