ニュース 2021.05.13. 12:05

ソフトバンクのファーム施設スタッフ1名に新型コロナ陽性判定

チームに与える影響はなく活動を継続


 ソフトバンクは13日、チームスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。

 陽性判定となったスタッフはタマスタ筑後にて従事している30代の男性スタッフで、現時点では発熱、味覚障害、倦怠感、息苦しさなどの症状はないとのこと。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 今回は、12日に行われたNPB月例のPCR検査によって陽性判定が発覚。その他に同日の検査で陽性判定となった、監督コーチ、選⼿、スタッフはいないという。なお、陽性判定となったチームスタッフの業務状況を鑑みた結果、チームに与える影響はなく、チームは予定通りの活動を継続する。

 すでに所轄保健所とNPBの事務局には報告済みで、所轄保健所による濃厚接触者の判定を待っている状況だが、近接したロッカーを使⽤していたスタッフ1名(12日のPCR検査では陰性判定)を自主隔離している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西