ニュース 2021.05.14. 08:30

DeNA・三浦監督、緩慢走塁の桑原は「反省していました」

無断転載禁止
DeNA・桑原将志
2021.05.12 17:45
横浜DeNAベイスターズ 5 終了 5 読売ジャイアンツ
横浜
 DeNAの三浦大輔監督が13日、オンラインで報道陣の取材に応じ、12日巨人戦の桑原将志の走塁について言及した。

 桑原は12日の巨人戦、5-5の9回二死走者なしから一塁後方にフライを打ち上げる。一塁と二塁手が“お見合い”する形の安打となったが、打者走者の桑原はスピードを緩めて走っていたため、二塁まで進むことができなかった。

 三浦監督は「スタッフミーティングで話しをしました」と明かし、「(桑原本人とも)今日(13日)話しをしました」と続けた。

 「去年1年ファームで見ていた。去年はどういう気持ちでやっていたんだという話しをしましたし、本人も反省していました。もう二度とするなと話をしました」と説明した。

 三浦監督は「これからの桑原を見てもらえたらなと思います」と今後に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM