ニュース 2021.05.14. 23:09

日本ハム・伊藤、6回途中4失点で3敗目「リズムを作ることができなかった」

無断転載禁止
日本ハム・伊藤大海 (C) Kyodo News
2021.05.14 18:00
北海道日本ハムファイターズ 2 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
札幌ドーム
● 日本ハム 2 - 5 ソフトバンク ○
<7回戦・札幌ドーム>

 日本ハムのドラフト1位・伊藤大海投手(23)が14日、本拠地でのソフトバンク戦に先発したが、6回途中6安打4失点で3敗目(1勝)を喫した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 前回4月28日のソフトバンク戦(PayPayドーム)でプロ初勝利を挙げて以来、約2週間ぶりのマウンド。4回まではテンポ良くゼロを並べたが、5回に一死三塁のピンチを招き8番・上林に先制の中前適時打を許した。6回は一死から安打と四球で一、二塁のピンチを招き、4番・柳田に適時二塁打を浴び降板。代わった公文が残った走者を返され、伊藤はプロ入り後ワーストの4失点となった。

 初登板から5試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を達成していたが、これもストップ。ドラ1右腕は降板後「課題である立ち上がりはよかったですが、3回以降は常にランナーを背負っての投球になり、リズムを作ることができませんでした。カード頭でチームにいい流れを持って来ることができず、悔しい気持ちです」と談話を残した。

 打線は7回、6番・大田の3号ソロ、1番・五十幡のプロ初打点となる適時三塁打で2点を返すも反撃はここまで。伊藤の本拠地初勝利はまたもお預けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西