ニュース 2021.05.16. 09:00

川相氏がみた打撃好調の巨人・ウィーラーの良さ

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、打撃好調の巨人・ウィーラーについて言及した。

 ウィーラーは新型コロナウイルス陽性判定を受け、一軍登録抹消される前の打率.452をマークしていたが、復帰後も変わらぬ打棒を見せる。3月30日の中日戦から続く連続安打数は20試合に伸び、開幕から出場した23試合全てで出塁。打率は.442、5本塁打、15打点と、ジャイアンツ打線に欠かせない存在だ。

 川相氏はウィーラーの打撃について「いつも気持ちが積極的であるということと。常にどんな状況でも、打席に向かっていける。ピッチャーに入っていってボールをさばけるというのが、すごく良いなと思いますね」と分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM