ニュース 2021.05.16. 17:54

ヤクルト、塩見の好返球でサヨナラ負け阻止 奥川は6回1失点も2勝目ならず

無断転載禁止
ヤクルト・塩見泰隆
2021.05.16 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム
中日 2 - 2 ヤクルト
<8回戦・バンテリンドーム>

 ヤクルトは逃げ切りに失敗し3連勝とはならず。それでも、サヨナラの大ピンチを途中出場・塩見泰隆外野手(27)の本塁好返球で切り抜け、辛くも引き分けに持ち込んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは初回、4番・村上が11号2ランを放ち先制。2回以降は得点を奪えなかったが、先発の奥川が6回7安打1失点と粘り2勝目の権利を持って降板した。7回は近藤、8回はマクガフが無失点リリーフ。1点リードを保ち抑えの石山にバトンをつないだ。

 しかし9回、石山は2本の安打を許し一死一、三塁のピンチを作ると、2番・京田に右前適時打を許し同点。この瞬間、奥川の白星は消えた。なおも一死一、三塁とサヨナラの大ピンチで、3番・福田の打球は右中間寄りの中飛。この打球で三塁走者の大島はサヨナラ生還を狙い本塁へ突入したが、中堅・塩見が正確なストライク送球でタッチアウトに仕留め、最後は併殺で試合終了となった。

 ヤクルトは8回にも、7回の守備から途中出場していた左翼・並木が、左翼線を襲った長打性の打球をダイビングキャッチ。中日打線に12安打を許しながらも投手陣の力投と堅い守りで、敵地での3連戦を2勝1分けで終えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西