ニュース 2021.05.18. 20:45

ソフトバンク・武田が3年ぶり完投で3勝目「慢心せずに頑張っていきたい」

無断転載禁止
チームの今季初完投で今季3勝目を挙げたソフトバンク・武田翔太
2021.05.18 17:45
埼玉西武ライオンズ 2 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
● 西武 2 - 8 ソフトバンク ○
<10回戦・メットライフ>

 楽天とゲーム差なしで首位争いを繰り広げているソフトバンクが、引き分け挟んで3連勝。投打ががっちり噛み合い、今季2勝5敗2分けと負け越していた西武とのカード初戦を制した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクは初回に4番・柳田悠岐の特大2ランで先制すると、1点リードで迎えた5回には打撃不振の9番・今宮健太と1番・川島慶三の連続タイムリーでリードを拡大。終盤には今季初昇格初先発となった3番・バレンティンにも今季初安打となるタイムリーが飛び出すなど、効果的に加点した。

 投げては先発の武田翔太が2回に犠飛で1点こそ失ったが、以降は連打を許さぬ好投で8回まで104球とテンポよくゲームメイク。7点リードの9回一死から途中出場の岡田雅利に今季1号のソロホームランを浴びたものの、9回5安打2失点、3四球7三振の内容で完投。今季最多128球の力投で、2018年7月29日の楽天戦以来、自身3年ぶり9度目となる完投勝利を挙げた。

 ヒーローインタビューに応じた武田は、「長いイニングを投げられてよかった。野手の皆さんにたくさん点をとってもらっていい流れで投げることが出来た」と大量援護の打線に感謝。今季3勝目にも「状態をもっと上げていけると思うので、慢心せずに頑張っていきたい」と引き締めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西