ニュース 2021.05.19. 07:50

ついに出た! 阪神ロハスの初安打&初アーチに高木豊氏「本物は本物」

無断転載禁止
ロハス・ジュニア (C)Kyodo News
2021.05.18 18:00
阪神タイガース 3 終了 14 東京ヤクルトスワローズ
甲子園

22打席目の快音


 阪神の新外国人メル・ロハス・ジュニア選手が18日、来日22打席目で初安打となるソロホームランをバックスクリーン左に運んだ。

 外国人枠の問題などもあり2試合ぶりのスタメン起用となったロハス・ジュニアは「6番・右翼手」で出場。5点を追う5回一死走者なしで迎えた第2席、2ボール2ストライクからヤクルトの先発右腕・サイスニードが外角低めに投じた150キロ直球をしっかりとはじき返した。

 来日初安打を初ホームランで記録すると、続く第3打席にはセンター前にヒットを放ち、マルチ安打をマーク。大敗を喫したチームに明るい話題をもたらした。

 このロハス・ジュニアのバッティングについて、18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんは「本物は本物。飛距離にしてもそう。スイングも軸がぶれていない」と、昨季の韓国球界MVPの実力を評価。「使っていれば打てるとは思っていたけれど、気持ちが腐る前に出てよかった」と続け、待望の1本が呼び水となる可能性を示唆した。

 昨季の韓国球界で打率.349、47本塁打、135打点という驚異的な成績を残し、MVPを受賞した新助っ人が、ようやく覚醒の時を迎えるのか――。明日以降のバッティングにも引き続き注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西