ニュース 2021.05.20. 19:25

西武・中村剛也の激推し! あの“巧みな一発”と剛腕の“パワフル変化球”

無断転載禁止
「メットライフドーム月間ベストプレー賞」に中村剛也選手(左)によって推薦された栗山巧選手(右)<球団提供>

メットライフ生命3・4月月間ベストプレー賞のノミネートがスタート


 2019年と2020年、2年連続で『メットライフ生命presents ライオンズ年間ベストプレー賞』に輝いた中村剛也が、今年の『メットライフ生命 3・4月ベストプレー賞』のノミネートプレーを推薦した。

 ちなみに昨年は投打ひっくるめての投票だったが、今年は野手部門と投手部門にセパレート。選手1人の推薦を含む複数の好プレーをファンの投票で決め、見事ベストプレーに輝けば、それぞれメットライフ生命からの賞金25万円を手にできる。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 そして、今回のノミネートプレーを推薦したのが、年間ベストプレー賞を“おかわり”している、同賞の“申し子”中村。野手部門で選出したのは、4月28日のロッテ戦で栗山巧が放った勝ち越しの本塁打。同期として共にライオンズを支える中村も「野手部門は、クリ(栗山選手)でしょう」と、すでに受賞を確信するような一発だった。

 2-2の同点で迎えた8回裏。今季は延長戦がなく、引き分けが現実味を帯びてきた中での一発に、「あの場面で打ってくれるのは凄い。終盤あの一発で勝負を決めてくれた」と賛辞を惜しまなかった。「まさに月間ベストプレー賞にふさわしい、一発だったと思います」と、中村が“激推し”する栗山巧のホームランが堂々のノミネート。

 一方、投手部門も一瞬で決定。「サードから見ていましたが、変化球もエグいキレをしていました」と振り返ったのが、4月27日のロッテ戦で8回に登板した平良海馬の投球だ。

 「頼りになるなぁ、と見ていました」と、自慢の直球だけではなく、スライダー、チェンジアップもキレッキレ。相手打者を完璧に封じた圧巻の投球に、「横から見ている直球も凄いですが、変化球も凄い。ここまで素晴らしいピッチングをずっと続けてくれていますし、僕だったら迷いなく平良のこのピッチングを選びますね」と、剛腕リリーバーの投球を推薦した。

 中村が推薦した2つのプレー以外にノミネートしたプレーは以下のとおり。

▼ 投手部門
・高橋光成(3月26日対オリックス戦)
オリックス・山本投手とのエース対決で7回途中3失点の粘投を見せ、チームを開幕戦勝利に導いた!!

・今井達也(4月14日対日本ハム戦)
6回表一死一塁、この日の先発・今井が自慢のストレートで日本ハム・大田から空振り三振を奪うと、スタートを切っていた一塁走者・淺間選手も刺し、三振ゲッツーが完成!!この回を無失点に抑え、6回1失点で先発としての役割を果たしマウンドを降りた!!

▼ 野手部門
・源田壮亮(4月13日対日本ハム戦)
5回表二死走者なし。日本ハム・清水選手が三遊間への打球を放つも、源田選手が逆シングルで追いつきそのまま素早く送球!!見事アウトにとる好プレーを披露し、守備でチームを盛り立てた!!

・若林楽人(4月29日対ロッテ戦)
6回表、若林選手がこの回先頭の千葉ロッテ・井上選手の放ったセンター前に落ちようかという打球をスライディングキャッチ!!この日センターでスタメン出場の若林選手がチームを鼓舞するファインプレーを見せた!!


本日からメットライフ生命のホームページで投票可能となっており、同ページで動画を確認できるほか、抽選で選手のサイン入りボールなども当たる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西